サンライズMSI株式会社
ホーム 会社概要 環境方針 採用情報
建築部門 自動車部門 光学部門 事業所案内 取引先一覧 お問合せ
光学部門
紫外線硬化型接着剤のパイオニア。豊富なラインナップでニーズにお応えします。
紫外線硬化接着剤 PHOTOBOND
JAPANESE ENGLISH CHINESE
PHOTOBONDは、紫外線で硬化する接着剤です。 世界に先駆け、弊社が実用化しました。
PHOTOBONDは、紫外線を通すガラスや合成樹脂などの接着に、 幅広く使って頂いています。
日本のリーディング・ブランドとして、多くのお客様にご支持頂いております。
用途も従来のガラス工芸から、レンズや電子部品の組み立てにも拡大し、
特殊用途・コーティング用・仮止め剤の開発も進めています。
製品ラインナップ
PHOTOBOND 300 工芸ガラス用 PHOTOBOND 300K 光学用 / 標準品
PHOTOBOND 029 異種材接着用 / 低粘度 PHOTOBOND 150 光学用 / 低粘度
PHOTOBOND 200 コーティング・封止用途 / 好気性 PHOTOBOND 470
PHOTOBOND 475
光学用/ 耐光性・耐熱性
PHOTOBOND 840 低粘度 / 温水剥離    
テクニカルデータ
 物性一覧
 テクニカルインフォメーション(PHOTOBOND 300・300K・150)
こんなところに使われています
使用方法
一般的な使い方のご紹介(*ご希望の用途に合わせ、十分なテストをお願いします。)
1.ほこり・油・汚れの除去
まず工作物表面のほこり、油、汚れを、溶剤などで取り除いて下さい。
溶剤をご使用の場合は、溶剤が完全に揮発した後、接着作業に移って下さい。
2.PHOTOBOND を塗布し接着
接着箇所にPHOTOBONDを塗布し、もう片方の工作物を圧着させます。
この時、気泡が入ると接着力が落ちます。
工作物同士をこすり合わせ、気泡を追い出してください。
どの程度の塗布厚みが必要かは、接着条件により異なりますので、十分な予備試験をお願いします。
3.工作物を固定し、紫外線を照射
接着位置がずれないよう、固定具をご使用ください。
より紫外線を通す側から、接着面に直角に、かつ接着面に均 一になるよう、紫外線を照射してください。照射時間は、接着条件により異なりますので、 十分な予備試験をお願いします。
4.はみ出したPHOTOBOND を拭き取り
接着面からはみ出したPHOTOBONDは、空気があると、紫外線を受けても硬化しません。
照射の後、適当な溶剤 (アルコール系、石油ベンジン、炭化水素系クリーナー)で拭き取って下さい。
はみ出し部、表面を硬化させたい場合、コーティングなどの用途では、下記を参考にしてください。
@工作物全体を真空中に置く。
AN2(窒素)、CO2(ドライアイス)のような、不活性ガスを注入した作業上内で照射する。
B透明なポリエチレンフィルムなどで表面を被覆し、その上から光を照射する。 光照射後、フイルムをはがす。

PAGE TOP